Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

【ビルケンシュトック/ブルーフットベッド】薄いソール靴対策にオススメ

【ビルケンシュトックブルーフットベッド】薄いソール靴対策にオススメ




コンバースや革靴みたいなソールの薄い靴を履くと足が痛くなる。
ソールの薄い靴でも快適に歩けるようにしたい!
なにか良い対策はないの?

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK、通称:ビルケン)の『ブルーフットベッド
をご存知でしょうか?

『ブルーフットベッド』は、ビルケンシュトック社が販売している『快適な歩行をサポートするためインソール』です。
こんな形のモノ
ビルケンシュトックのブルーフットベッド

『ブルーフットベッド』を靴に装着すると次のような効果があってオススメです。
ココがオススメ

  1. 地面からの衝撃を和らげる
  2. 歩きやすくなる。歩行が安定する
  3. 疲れにくくなる
  4. どんな靴もビルケン風な履き心地になる

詳しい効果やサイズ選びを中心に説明していきます。

✅本記事の内容は以下のとおりです。
(4分以内で読めます)




1.ビルケンシュトック | ブルーフットベッドの特徴と効果

特徴としては下の写真のとおりです。
ブルーフットベッドの特徴
ブルーフットベッドの特徴

ブルーフットベッドを靴に装着する効果としては次の4つがあります。

効果その1(衝撃の吸収)

深めに作られたヒールカップがしっかりとかかとを包み込み、衝撃を吸収してくれます。

それにより、ソールの薄い靴でも快適に履くことができます。

効果その2(歩行を快適に)

ブルーフットベッドが足を人間本来の形になるようサポートしてくれるので、快適に歩くことができます。

ビルケンの特徴である、土踏まずをしっかりと押し上げてくれる感じで気持ちが良いです。

効果その3(疲れにくくなる)

土踏まずからかかとまでを使って地面からの衝撃を均等に広げてくれます。

そのためたくさん歩いても足が疲れにくくなります。

効果その4(ビルケン風な履き心地に)

コンバースでも革靴でもブルーフットベッドを装着するとビルケン風の履き心地になります。

完全再現とはいきませんが、かなりビルケンを履いている感覚に近くなりますよ。
200年以上も『足の健康を考えている』老舗ビルケンです。
ブルーフットベッドを使えば、ビルケンの履き心地をどんな靴にもインストールできます。

2.ビルケンシュトック | ブルーフットベッドの種類

ブルーフットベッドには次の2種類があります。

  1. スポーツ
  2. トラディショナル
選び方はとても簡単で次のとおりです。

  1. スポーツ ⇒ スニーカーなどヒールのないタイプ
  2. トラディショナル ⇒ 革靴やパンプスなどヒールのあるタイプ

3.ビルケンシュトック | ブルーフットベッドのサイズの選び方

ブルーフットベッドはサイズの選び方が少し難しいです。

わたしの足のサイズと実際に使っているブルーフットベッドを紹介しますので、参考にしてみてください。
足のサイズ
足のサイズ

かかとからつま先までを測ると24センチ(正しくは25.5センチ。キチンと測り直しました。)

足のサイズを正確に測るにあたって、こちらのサイトが参考になりました。(正しい足のサイズの測り方)※リンク先はミドリ安全.comです。

使用してるブルーフットベッドのサイズは『EUR | 37、UK | 4.5、MM | 240、US | L6.0 M4.0』です。
パッケージはこれです
ブルーフットベッドのパッケージ

ビルケンシュトックの店舗で足のサイズを測り、試着をして選んでいるのでピッタリです。
ちなみに、普段履いているビルケンはアリゾナでして、サイズは40でピッタリです。

注意ポイント
サンダルのサイズ=ブルーフットベッドのサイズではありません。

4.ビルケンシュトック | ブルーフットベッドの使い方

使い方はとても簡単で、手持ちの靴に入れるだけです。

金具のストッパーが付いているので滑ってしまうことはありません。
裏側のストッパー
裏側のストッパー

一つだけ注意点があります。

右足用と左足用がありますので、間違えないように装着する必要があります。

下の写真のように丸い金具が内側に向かい合うように装着すれば大丈夫です。
ひっくり返していますがこの向き
ブルーフットベッドの右と左

注意ポイント
右足用と左足用を間違えないようにしましょう。

補足ですが、ストッパーは金属なのでどうしてもインソールに跡が残ってしまいます。
インソールに食い込んだ跡
ブルーフットベッドの跡

ズレないようにするために仕方ありませんが、気になる方はインソールを一枚入れると良いと思います。

5.ビルケンシュトック | フットベッドのまとめ

本記事ではビルケンシュトック社の『ブルーフットベッド』を紹介しました。

ビルケンシュトックはサンダルがとても有名ですが、アクセサリーであるインソールはあまり注目されていません。
しかし、ブルーフットベッドは普段履いている靴に装着するだけで、履き心地をワンランクもツーランクアップさせる非常に優れたアイテムです。

ぜひ、ビルケンシュトックの快適性を手持ちの靴にインストールしてみてはいかがでしょうか?

以上、『【ビルケンシュトック/ブルーフットベッド】薄いソール靴対策にオススメ』でした。

2 Comments

匿名

かかとからつま先の長さが24cmだとインソールは37ではなく、35になる可能性が高いと思います。
おそらく筆者さんのかかとからつま先サイズは40のサンダル履いてらっしゃるということなので、25.5~26くらいなのでは?
間違ったサイズ感でインソールを買ってしまう方がいないように口を挟ませていただきました。

返信する
ペンギン ペンギン

ブログ読んで下さってありがとうございます!
確かに測り方おかしかったです。
足のサイズですが、ご指摘のとおり25.5くらいでした。
今日中に修正して記事を更新します。
ご指摘いただき助かりました。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です