Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

Uber Eats(ウーバーイーツ)でバイト、配達パートナーの仕事のやり方【初めての方向け】

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事のやり方【初めての方向き

\配達して稼いでみる!/
Uber Eats 公式サイトはこちら
副業を始めようと思ってUber Eatsウーバーイーツ)の配達パートナーに登録してみた!
登録からしばらく経ったけどビビって配達できていない。。。
仕事のやり方は登録のときに聞いたけど内容を忘れてしまった。
どうやって仕事をするか教えて欲しい!

本記事では、自転車や原付バイクで料理を運ぶ
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事のやり方
を説明します。

この記事では

Uber Eats 配達パートナーに登録はしたけど、どうやってバイトをするんだっけ?

という方に向けた内容となっています。

登録がまだな人はこちらから申し込みができます。
Uber Eats 配達パートナーに登録する

Uber Eats配達パートナーへの登録方法についてはこちらの記事にまとめています。

初めての配達はドキドキしますが、仕事の流れはシンプルで簡単。
大まかには次のとおりです。

  • ステップ1
    配達員専用のアプリ(Uber Driver)にログインする
  • ステップ2
    アプリの『出発』ボタンをタップして注文が入るのを待つ
  • ステップ3
    注文が入ったらお店に料理を取りに行く
  • ステップ4
    お店から注文者へ料理を届ける
\配達して稼いでみる!/
Uber Eats 公式サイトはこちら

途中で数回スマホの操作が必要になります。
実際の画面(スマホ)を使ってもう少し詳しく説明していきます。

✅本記事の内容は以下のとおりです。
(5分以内で読めます)




1.Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事のやり方

配達の流れは大きく4のステップになります。順番に説明していきます。

ステップ1:配達前の準備(必要なモノ)

まずは 配達に必要なモノを準備します。
配達をするにあたって

  • 必ず必要なモノ
  • あったら便利なモノ

がありあますので、それぞれ説明します。

まず、『必ず必要なモノ』としては次の4つになります。

  1. スマートフォン(iPHONE でも Android でも可)
  2. 支給されたバッグ(ウーバッグ)
  3. 登録した車両(自転車やバイク)
  4. 緊急時のサポートへの連絡先

次に『あったら便利なモノ』3つです。

  1. スマートフォンホルダー
  2. バスタオルかサバイバルシート(料理を固定、保温するため)
  3. モバイルバッテリー ※とりあえず一回だけ配達してみるという場合は不要です。
写真で必要なモノを紹介します。
Uber Eats から支給されたバッグ(通称:ウーバッグ)
ウーバッグの全体
上から見たウーバッグ
ウーバッグコンパクトで間仕切りなし
間仕切りを付けることも可能
ウーバッグとバスタオル

上の写真ではバスタオルですき間を埋めて、料理を固定するイメージを再現しています。
料理が安定してこぼれにくくなり、保温効果も高まり一石二鳥。
真ん中の仕切りを使わないときは、バッグの底に敷いておけば邪魔になりません。
サポートへのお問い合わせ先カード
サポートへの問い合わせ先カード
オススメのスマートフォンホルダー

スマートフォンホルダーで自転車にスマホを固定すると地図が見やすいため便利です。
注意
配達では安全運転が一番大事です。
スマホを見ながらの運転は危険なので、地図の確認は信号待ちなどのタイミング行いましょう。
配達で焦ってしまいそうですが、事故を起こさないよう運転マナーを守って安全運転を心がけましょう。
事前準備としては以上となります。

ステップ2:配達専用アプリ(Uber Driver)へログインする

次はいよいよ注文を受け付けます。
スマホで配達用アプリ(Uber Driver)にログインします。

ログインすると下のような画面が表示され、『出発』をタップすると仕事が開始となります。
Uber Driver ログイン後初めの画面
Uber Driver初めの画面

『出発』をタップするのはドキドキするね。。。

想像しているよりも配達は簡単です。勇気を出して『出発』ボタンを押してみましょう。

ステップ3:お店での料理の受け取り

次に注文を受けてから、料理の受け取りの手順を説明します。

注文が入ると「ピコーン!ピコーン!」とスマホが鳴ります。
丸い線が一周する前にタップして注文を受け取ります。
お店の場所が地図に表示されるので、料理を取りに行きます。

Uber Eats注文の受け取り方

お店に着いたら「注文番号」を伝えます。

料理の受け取りチェック、お店の評価をして『次へ』をタップします。

Uber Eats料理の受け取り

若干コミュ障なんだけど大丈夫?
料理はどんな感じで受け取ればいいの?

お店の方も慣れている場合が多いので問題ありません。
やり取りとしては次のような感じになります。

配達パートナー「こんにちは!ウーバーイーツです。」

お店 「こんにちは!番号は??」

配達パートナー「9E6F0です。」

お店 「こちらの商品をお願いします。」

配達パートナー「ありがとうございます!お預かりします。」

しっかりと注文番号を伝えることが大切です。
お店で料理をバッグに入れます。
こぼれないようにキレイに並べてバッグに詰めましょう。

ステップ4:料理を注文者へ届ける

いよいよ最後のステップとなります。注文者のもとへ料理を届けます。

『配達を開始する』をタップします。
地図を確認して注文者のもとへ行きます。
料理を届けたあと『配達済み』をタップします。
最後に配達全体の評価「いいね(good) or よくないね(bad)」をし、すべての作業が終了になります。

Uber Eats料理渡す

なかなか大変そうだね
すごく疲れそうだ。。

確かに初めての配達は疲れます。

配達が完了したら「オフライン(仕事を受け付けない状態)」にして休憩しましょう。
仕事は想像よりも簡単です。

勇気を出して一度配達してみると
「ああ、こんなくらいでできるんだ!」
と感じると思います。

\配達して稼いでみる!/
Uber Eats 公式サイトはこちら

2.Uber Eats(ウーバーイーツ)配達方法のまとめ

初めての配達はとても緊張しますが、難しい作業はありません。
少し勇気を出してチャレンジしてみてください。

おさらいとなりますが、配達に必要なモノ(必須)としては次のとおりです。

  1. スマートフォン(iPHONE でも Android でも可)
  2. 支給されたバッグ(ウーバッグ)
  3. 登録した車両(自転車やバイク)
  4. 緊急時のサポートへの連絡先
追加でバスタオルもあると料理を固定できて便利です。

配達の流れとしては次のとおりです。

  • ステップ1
    配達員専用のアプリ(Uber Driver)にログインする
  • ステップ2
    アプリの『出発』ボタンをタップして注文が入るのを待つ
  • ステップ3
    注文が入ったらお店に料理を取りに行く
  • ステップ4
    お店から注文者へ料理を届ける

配達で早く届けることも大切ですが、一番重要なのは
事故を起こさないこと
です。

安全運転と運転マナーを守って配達しましょう。

以上、『Uber Eats(ウーバーイーツ)でバイト、配達パートナーの仕事のやり方【初めての方向け】』でした。

\配達して稼いでみる!/
Uber Eats 公式サイトはこちら

 
「ウーバーイーツってどんな仕組みで運営されてるの?」と気になった方はこちらの記事をご覧ください。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です