Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

【お掃除ロボット】狭い部屋の一人暮らしで必要?買うべき4つの理由




一人暮らしで部屋も狭いんだけどお掃除ロボットって必要かな?
クイックルワイパーとかハンディ掃除機で十分じゃない?
気になるんだけど実際に買うのはどうかと思ってる。

今回はお掃除ロボットを買うべき理由をまとめて紹介し、購入を迷っている方の背中を全力で押したいと思います。

結論的に言って、お掃除ロボットは絶対に買いです!

わたしはのお掃除ロボット使用歴は1年ほどですが、ホントにもっと早く買っておくべきだったと後悔しています。。
使用環境としましては、ワンルームで25平米程度、それほど広くないいわゆる一人暮らしの部屋です。

購入後に初めて20分くらい使ってみたら大量にホコリが取れてビックリしました!しかも自分は何もせず、お掃除ロボットの動きを観察したり、スマホ眺めていただけなのに。
ある程度汚いとは自覚していたが、こんなに汚いとは思っていませんでした。

自分の中の掃除の常識が変わり、自分で掃除機をかける時代は終わったと確信しました
あまりの便利さにビックリして親にもプレゼントしました。とっても好評です。

ここ数年の買い物で間違いなくNo.1の満足度です!

ちなみにわたしは『ECOVACS DEEBOT N79』を使用しています。

会社の後輩や上司、周りの友人などにかなりオススメしていて、多くの人が言うのが、
「部屋が狭いから要らない。」
「高いんでしょ?」
「そんなに便利なの?」
という反応が非常に多いです。

買わない人も多いのですが、実際に買った人からの評判は100パーセント好評です!

購入した友人には自分と同じで、それほど広くない部屋に住んでいる方もいます。

今回お掃除ロボットを買うべき理由と実際にどんな感じで使っているかも合わせて紹介します。



1.お掃除ロボットを使うべき理由【利用するメリット】

時間・体力の節約

お掃除ロボットのレビューや口コミでよく言われていることですが、時間を節約することができます。

実際にお掃除ロボットを使ってみて実感しましたが、今までホントに無駄な時間を過ごしていたなと後悔しました。

早くからお掃除ロボットを使っている人からすれば「いまさら?!」と驚かれてしまいそうですが、自分で掃除機をかける時代は終わっていることを知りました。

自分で掃除機をかけると疲れます。。お掃除ロボットに甘えてしまえば何もしなくても綺麗にしてくれます。

床の掃除機がけはお掃除ロボットに任せて、空いた時間は読書や勉強などにあてましょう!

お金の節約

お掃除ロボットって高いんでしょ?お金が節約できるどころか損なんじゃない?と思われるかもしれませんが、実際はお金の節約になります。

考え方としては以下のとおりです。

お金の節約になる理由
    自分の時給・・・2,000円と想定します。

    自分で掃除機をかける時間・・・頻度と時間が週に1回で1時間とします。一か月で4時間

    一か月で8,000円のコストが掛かってる算定になります。

2万円くらいの安いお掃除ロボットであれば2、3か月でペイできます。

安いお掃除ロボットは使い物にならないんじゃ?と思われるかもしれませんが、今では安い機種でも十分な働きをしてくれます。

常に綺麗な状態を保つことができる【その1】

お掃除ロボットを利用すれば毎日でも掃除機がけをすることが可能です!

タイマー機能を利用すれば家にいない時に掃除をしてくれますし、家にいるときでも、シャワーを浴びているときなどにリモコンでスイッチを入れるだけで働いてくれます。

自分もそうでしたが、お掃除ロボットを持っていない方は普段はクイックルワイパーなどで床を掃除していると思います。

それなりに綺麗になるのですが、やはり吸引していないので細かなホコリは残ってしまいます。。

それどころか、忙しくて仕事で帰りが遅い場合は掃除をしないことも多いと思います。

お掃除ロボットがあればベッドやソファの下も関係なく完璧に掃除してれます。

常に綺麗な状態を保つことができる【その2】

お掃除ロボットのデメリットとして、ケーブルに絡まる、床に置いてあるモノにぶつかるという点があります。

ですが、このデメリットをカバーして、お掃除ロボットを100%活用するために、ケーブル類をモールで這わせたり、床にモノを置かないようにしました。

結果的にはデメリットが転じて、ケーブルをスッキリさせ、床にモノを置かなくなったため、より部屋が綺麗になりました。

またお掃除ロボットの購入前は、それ自体が邪魔になると思っていましたが、ベッドの下に収納しているのでまったく邪魔になっていません。

2.お掃除ロボットの使い方

わたしのお掃除のロボットの使用方法ですが、タイマーは使用しておらず家にいるときのみ使用しています。

いつもシャワーを浴びる前にリモコンでスイッチを入れて掃除をしてもらっています。

ですので、タイマー機能がない安価な機種でも充分だったかなと思います。

お掃除ロボットのメンテナンスもまったく大変ではありません

基本的には1週間に一度ゴミを捨てるだけです。ブラシ等の消耗品の交換は半年に一回程度で問題ありません。

自分で掃除機をかける手間に比べればまったく苦になりません。

それどころかメンテナンス時はお掃除ロボットに対して

”いつもありがとう”

という感情が湧いてくるほどです。笑

3.まとめ

わたしはお掃除ロボットを買って掃除の常識が変わりました。
今では ”掃除” イコール ”いかにお掃除ロボットを効率的に稼働させるか” になっています。
自分で掃除機をかけるよりお掃除ロボットの方がよっぽど綺麗にしてくれます。

毎日お掃除ロボットを使用しているため、友人が遊びに来た際も
「チ〇毛が一本も落ちてない!」
と驚かれました。笑

個人的には時間=お金、もっといえば時間>お金だと考えています。
文明の利器に頼って、人生の中で掃除に費やす時間を減らす簡単な手段がお掃除ロボットです。

部屋の広さは関係なく、時間の節約に重点をおけば、お掃除ロボットを導入するべきだと考えています。
毎日掃除機がかけられるって気持ちが良いですし、素足でサラサラなフローリングを歩くのもとても気分が良いです。

お掃除ロボットがブラシを一生懸命回しながらあっちこっち掃除してくれる様子も可愛いです。
今ではお掃除ロボットはそんなに高価でもありません。
一度騙されたと思って購入してみてはいかがでしょうか?

以上、『【お掃除ロボット】狭い部屋の一人暮らしで必要?買うべき4つの理由』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です