Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

【Uber Eats(ウーバーイーツとは)】仕組みについて料理とお金の流れをイラスト図解で解説

【Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み】利用者からみて気になる料金や配達員について解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)ってどんな仕組みで運営されているの?
サクッとイラストや図で解説してほしい!

本記事では、食事のデリバリーサービス
Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み
について解説します。

ウーバーイーツは2016年9月29日から始まったサービスで、アメリカのUber社(個人タクシー配車会社)が運営しています。
最近では配達エリアも拡大しており、街中で『Uber Eats』と書かれた緑色や黒色のバッグをよく見かけます。

どんな仕組みで運営してるの?
ウーバーイーツってなにをしてるの?
料理はだれが運んでるの?

など気になる疑問にお答えします。

『【Uber Eats(ウーバーイーツとは)】仕組みについて料理とお金の流れをイラスト図解で解説』について説明します。
(2分以内で読めます)




1.Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

さっそく仕組み、運営方法について

  • 料理の流れ
  • お金の流れ
に分けてイラストで説明します。

料理の流れ

ウーバーイーツで料理を注文すると、『ウーバーイーツに登録している配達パートナー』が注文者のところへ料理を運んでくれます。
図解するとこんな感じ
Uber Eats の仕組み(料理の流れ)

MEMO
ウーバーイーツの社員さんが運んでいるわけではなく、『ウーバーイーツに登録した人』が運んでいます。
ウーバーイーツと運んでいる人とは雇用関係がありません。
図の中にウーバーイーツが出てこないね。
何をやってるの?

ウーバーイーツは配達パートナーのマッチング(手配)と料金の支払いをしています。
お金の流れを見るとウーバーイーツが登場します。

お金の流れ

図解するとこんな感じ
Uber Eats の仕組み(お金の流れ)

MEMO
お客さんの注文金額(送料も含む)の35%がウーバーイーツの利益になります。
支払い総額が1,000円であれば、350円が手数料としてウーバーイーツに支払われます。
※手数料(35%)は出店するお店によって異なる可能性があります。
ウーバーイーツはお店と配達パートナーを繋ぐ『プラットフォーム(環境)』を創ったんだね。

2.ウーバーイーツに出店する方法

ウーバーイーツに出店する方法

お店をウーバーイーツに出店するには、まず公式サイトから登録をします。
申し込み後、ウーバーイーツの担当者とメニューや価格、注文の流れなど決めていきます。

登録料など初期費用は無料です。
出店と運営で必要になるものは次のとおりです。

  1. ネット回線(タブレットをレンタルする場合は不要)
  2. タブレットやスマホ(レンタルも可能)
  3. 容器や袋、お箸などテイクアウトで利用するもの

手数料は注文金額(送料含む)の35%と安くありませんが、宅配を自前で行うには

  • 注文受付の設備導入
  • 配達員の確保
  • 料理の写真
などが必要になります。
ウーバーイーツに出店することで、お店の宣伝にもなりますし、導入するメリットは大きいです。

MEMO
手数料の35%は出店するお店によって異なる可能性があります。

3.まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みについて、簡単なイラスト図解で解説しました。

要点をまとめると次のとおりです。

仕組み
ウーバーイーツは、お店と配達パートナーを繋ぐ『プラットフォーム(環境)』を造った。
お店からの手数料で運営している。

説明を聞くと「なんだ、簡単!」という印象ですが、ゼロからこういったビジネス形態を思いつくのは本当に凄いことだと思います。

注文者として食事を楽しむのも、配達パートナーとして副業するのもとても手軽です。
ぜひ、ウーバーイーツを利用してみてください。

以上、『【Uber Eats(ウーバーイーツとは)】仕組みについて料理とお金の流れをイラスト図解で解説』でした。

「副業として配達してみたい!」
という方はこちらから登録できます。
Uber Eats 配達パートナーに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です