Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

【無料公開終了】しょぼい起業で生きていくの書評・感想 | 著者:えらいてんちょう

【しょぼい起業で生きていく】の書評・感想 著者:えらいてんちょう

先日、TwitterやYouTubeで有名な「えらいてんちょう」さんの初の著書
しょぼい起業でいきていく
を読み終えたので感想・書評を紹介します。

現在noteで無料公開されていますので、気になったら読んでみてください。

「えらいてんちょう」さん(通称:えらてんさん)本名は『矢内東紀(ヤウチハルキ)』

彼のYouTubeのチャンネル『えらてんチャンネル』(※リンク先はYouTube)
では宗教ネタを中心に『社会の闇』にポイントを当てており、丁寧な解説と自身の考えを発信しています。
興味深い内容の動画が多く、とても面白いので本と合わせてチェックしてみてください。
今回は初の著書『しょぼい起業でいきていく』を読んだ感想・書評を次のとおりご紹介します。

(3分以内で読めます)




1.「しょぼい起業で生きていく」の内容

ザックリとした内容

  • お金をかけずに起業(お店を開業)しましょう
  • 嫌なことから逃げてノンストレスで生きて行きましょう
  • 日本では飢え死にしないし何とかなるよ

※個人的に印象に残った部分の抜粋です。詳しくは本を読んでみてください。

といったことが書かれています。
起業して「年商〇億稼ぐぞ!」とか「社長として成功してタワマンに住むぞ!」
みたいな上昇志向な方に向けて書かれた本ではありません
どちらかと言うと「人生低空飛行タイプ」の方に向けた内容だと感じました。
もちろん、「人生低空飛行」が悪いと言っているわけではありません。そもそも生きて行くのに誰もが上昇志向である必要はないです。
本の中にも、自分にあった価値観で生きていけば良いよってことが優しく書かれています。
あくまでも『生存戦略』が書かれた本で、サラリーマンやアルバイト、フリーターをして生きていけるならそれでオッケーというスタンスです。

それでも人によっては

「満員電車がムリ。。」

「朝起きて会社に行けない。。」

という方も沢山いると思います。そこで「しょぼく起業して生きる方法もあるよ」って選択肢を与えてくれる本です。

起業って難しいじゃない?

本の中で「起業することは難しくない!」と繰り返し説明されています。

  • お金は大してかかならい(出資してもらうコツも書かれています)
  • 特別な能力はいらない

「挨拶ができる」とか「愛想が良い」みたいなことで大丈夫で、それができなくても、当たり障りないの会話ができてお店に「存在」できればオッケーという内容。

『起業』のハードルを徹底的に下げて、生き方の選択肢を増やしてくれます。

お店は繁盛するのか?

お店を経営(繁盛させる)するノウハウも書かれていますが、特別なことは書いてなくて

  • 無料でモノをあげると人が来てくれるよ
  • TwitterやYouTubeなどのSNSを活用するといいよ
  • SNSでの発信内容はポジティブなほうがいいよ

みたいなことが書かれていて、「自分にもできそう!」って思えるような内容です。

2.「しょぼい起業で生きていく」の評価や感想・批評

面白い・良かったと感じたポイント

「起業するのは難しくない!」って言っておきながら、

「この本めっちゃ難しいじゃん!」

みたいなギャップがまったくなく、スラスラ読める点がとても良いです。

 

えらてんさん自身の経験を踏まえて、「結論」⇒「根拠」⇒「まとめ」の順に丁寧に説明がされておりとても読みやすいです。

「だれにでも分かるように」「とにかく易しく」ということを大切に書かれているのがにじみ出ています。

 

つまらなかった・悪かったポイント

初めはちょっと物足りないかな?って思ったりもしたのですが、難しく書くと本の趣旨と反するので仕方ないと思います。

むしろサラッと読み返せるので良いかなと思います。

「もっと起業について勉強したい!」という方は、「ほかの起業本を読んでください。」ってことだと感じました。

できる限り優しく書かないと、一歩を踏み出すことはできませんからね。

ですので、「悪かった点」や「ここをこうして欲しい!」みたいなことはありません。

 

3.「しょぼい起業で生きていく」のまとめ

わたしは大学を卒業してからサラリーマンをしており、もうすぐ10年になります。

「すぐに会社を辞めて起業!」というスタンスではありませんが、本を読んで、「しょぼく起業して生きる」という選択肢を得ることができました。

 

今は「会社が嫌になったら起業しちゃお~」って考えてます。

そのことで心に余裕ができ、自分にも周りの人にも優しくなれた気がします

心の余裕って大事だなと気づかされました。

 

本の文章も、とても易しく、いや、””優しく”” 書かれています。

 

「草むしり」とか「ご近所さんとの交流」って今まで気が進まなかったのですが、

「やってみら面白いことが起こるかも?」

って想像したら素直にワクワクしましたね。

 

本に書かれた方法で起業したお店「しょぼい喫茶店」にも行ってみたくなりました。

近いうちにお邪魔させてもらいますね。

 

今回はブログで初めて書評的な記事を書いてみました。

このような「しょぼいブログ」でも本の感想を共有できたら嬉しいなと思います。

「しょぼい起業で生きていく」と合わせて読んだnote

なぜ俺は本を売るために書店に挨拶回りをするのか

もとても良かったです。

ぜひ読んでみてください。

 

書評と言える内容になったかな?と不安ですが、本を読み終えて感じたことを素直に書きました。

以上、『【無料公開終了】しょぼい起業で生きていくの書評・感想 | 著者:えらいてんちょう』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です