Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

【ブロンプトン折りたたみ自転車】コンパクトで輪行や通勤に大活躍!




家に駐輪場がないけど自転車が欲しい!
折りたたみ自転車だったら玄関に置けるけど、たたむのが面倒だしあんまり速く走れないよね?
結局、折りたたみ自転車って買っても乗らなくなっちゃいそうなんだよね。。
ちょっと値段が高くてもいいからオススメの自転車ってない??

今回は、イギリス発祥の折りたたみ自転車『ブロンプトン(BROMPTON)』を紹介します!
「駐輪場がないから、折りたたみ自転車がいいな~」
という方に全力でブロンプトンをオススメします。

たたんだ状態のブロンプトン

たたんだ状態のブロンプトン

写真のようにブロンプトンはたたむと非常にコンパクトになります。
なんと、たたんだ時のサイズは【縦 565 mm × 横 545 mm × 幅 250 mm】
ちょっとしたスペースがあればどこでも置けます

猫とブロンプトンが並んだ写真。サイズ感はだいだいこんな感じです。(判りづらい??💦)

ブロンプトンと猫

ブロンプトンと猫

今回は、10年以上ブロンプトンを愛用している経験からここがスゴイ!!

というポイントをまとめ、ブロンプトン愛好家を一人でも増やすべく全力でパワープッシュします。

中古ならこちらがオススメ

【中古】ブロンプトン BROMPTON S2L 外装2速 2016年モデル クロモリ 折りたたみ自転車 16インチ ライトブルー

✅本記事の内容は以下のとおりです。
(4分以内で読めます)




1.ブロンプトン(BROMPTON)とは?

まずは、ブロンプトン(BROMPTON)ってどんな自転車なのか簡単に紹介します。

ブロンプトンってこんな自転車
  • イギリス生まれの折りたたみ自転車(アンドリュー・リッチーさんという方が開発)
  • 1986年ごろにフレームのデザインが完成。30年以上たった今もデザインはほとんど変わりません
  • 製品の品質を保つため、生産はすべて自社で行われています。
公式サイトはこちら⇒BROMPTON|ブロンプトン ミズタニ自転車株式会社

30年以上も同じデザインで作られてるってスゴイね!

細かな改良は行われていますが、メインのフレームデザインは変わっていません。
見た目の美しさと機能性を兼ね備えていて、ホントに素敵です。

2.ブロンプトンのメリット、ここがスゴイ!

次にブロンプトンのここがスゴイ!と感じるポイントを紹介します。

見た目が可愛い、お洒落

やっぱり見た目って大事ですよね?
丸みのあるデザインが可愛く、カジュアルな服にはもちろん、スーツでも似合います

余談ですが、ブロンプトン公式レースのドレスコードはスーツジャケットです。笑
遊び心があって楽しそうですね。


カラーのバリエーションも豊富でお気に入りの色を見つけやすいのもポイントです。

折りたたみがラク

折りたたみがラク!これがブロンプトン最大のメリットだと断言します!

慣れてしまえば、たたむのに10秒かかりません※動画を参照ください。
「たたむのが面倒だな~。。」
ということがまったくないのがブロンプトン最大のメリットです。


たたんだサイズが小さい & 自立する

たたんだ時のサイズは【縦 565 mm × 横 545 mm × 幅 250 mm】と非常にコンパクトです。
また、たたんだ状態で安定して自立するので、玄関などちょっとしたスペースがあればどこでも置けます。

ブロンプトン自体を運べる(輪行できる)

ブロンプトンは携帯できる自転車です。
車体を転がしてキャリーバッグのように運ぶことができます。

ブロンプトンのイージーホイール

右下のホイールが転がりキャリーバッグのように運ぶことができる

また、電車やバスなどの公共交通機関に乗ることもできます。もちろんタクシーも載せてくれます。

電車などに乗る際は、バッグに入れる必要があります
普段から写真のようにバッグを携帯しておけば、いつでも電車やバスに乗ることがきます。

ブロンプトン輪行バッグ

ブロンプトン輪行バッグ(黒い袋にしまってあります。)

なかなか速い、走り出しも早いクイック

16インチの小径タイヤですが結構な速度がでます。ママチャリに比べればかなり早いです。
しかし、ブロンプトンは小径自転車、、、当然ですが、ロードバイクやクロスバイクに比べれば走行性は低いです。
ですが、これだけ小さくたたむことができる自転車としては、十分な走行性でしょう。

また、漕ぎだしが軽く、スタート&ストップが軽快です。
ギアもあるので快適に運転できます。

壊れにくい、頑丈

10年以上乗っていて一度もチェーンが外れたことがありません
普段使いなので割とラフに扱っています。
メンテナンスは、気が付いたときに行う程度です。
また、ブロンプトンの造り自体が優れていて、壊れやすいパーツは内側に収納されています。
普通に使っていれば、パーツなどが壊れてしまうことはないでしょう!

ブロンプトン上から

ブロンプトンを真上から見た写真




3.ブロンプトンのデメリット

ブロンプトンは素晴らしい自転車ですが、次のようなデメリット・注意点もあります。

値段が高い

なんと言っても値段が高いです。。
新車ですと、20万円!くらいします。
しかし、中古も出回っているので、ヤフオクなんかをチェクすれば安く手に入れることができます
ブロンプトンを中古で手に入れた場合は、しっかりメンテナンスしましょう。

【中古】ブロンプトン BROMPTON S2L 外装2速 2016年モデル クロモリ 折りたたみ自転車 16インチ ライトブルー

運転には注意が必要

タイヤが16インチと小径なので安定性は少し低いです。
また、ハンドリングが敏感(クイック)で、少しのハンドルの動きでタイヤが回ります。
よく言えば小回りが利く、悪く言うと不安定。
慣れるまで少し怖いかもしれません。

フラつき易さは、ブロンプトンに限らず小径自転車の宿命です。。
しかし、どんな自転車でも注意がいらないってことはありません。個人的には余裕で許容できる範囲のデメリットだと思います。

長距離を走るのは大変

繰り返しになりますが、小径タイヤなの走行性がそこまで高くありません。

頑張れば一日に何十キロ、何百キロと走ることも可能ですが、用途として適当ではないかな思っています。

目的地まで距離があれば、ブロンプトンを持って電車やバスに乗っちゃいましょう!

4.ブロンプトンの利用方法

実際にわたしがどのようにブロンプトンを使っているか紹介します。

通勤
  • 片道約5キロを15分~20分くらいで行く。
  • 多少の雨ならブロンプトンで出勤。(雨よけもしっかり装備されている)
  • 雨がドシャ降り、または、お酒を飲む予定があれば電車で行きます。
  • ブロンプトン自体はロッカー室に置いてます。
休日
  • 片道10キロ以内ならブロンプトンで行きます。※真夏はムリですが。。
  • 10キロ以上の運転は大変なので、電車などを利用。ブロンプトンは持って行ったり、行かなかったり。
  • のんびりと5キロ~10キロくらいの移動がちょうど良い
わたしは目的地まで10キロ以上あればブロンプトンでの移動は諦めます。体力のある方は余裕かと思いますが。
通勤で利用していて、帰りにサクッとスーパーに寄れるのがとても便利です。

5.ブロンプトを安く手に入れるなら中古がオススメ

2019年2月26日時点の情報です。タイミングによっては売り切れになりますので、売り場サイトをご確認ください。
中古で「これなら買いだな!」と思った商品を紹介します。


【中古】ブロンプトン BROMPTON S2L 外装2速 2016年モデル クロモリ 折りたたみ自転車 16インチ ライトブルー

6.ブロンプトンをオススメするのまとめ

” 小ささだけ “、 ” 走行性だけ “に目を向ければもっと優れた自転車は沢山あります。
しかし、ここまで小さくたたむことができて、走行性も備えている自転車はブロンプトンでくらいではないでしょうか?
製品の品質を落とさないために、自社でのみ生産している点もとても好印象です。
少し値段が高い点がマイナスですが、それを補うだけのメリットも沢山あります。

ちょっと奮発して買う価値は十分にある!」と自信を持って言えます。

ぜひ、折りたたみ自転車が欲しいなと考えている方は「ブロンプトン」を最有力候補に挙げてもらえると嬉しいです。

以上、『【ブロンプトン折りたたみ自転車】コンパクトで輪行や通勤に大活躍!』でした。

【中古】ブロンプトン BROMPTON S2L 外装2速 2016年モデル クロモリ 折りたたみ自転車 16インチ ライトブルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です