Amazonでの買い物はチャージしてからがお得

【口コミ・評判】turk社の鉄フライパンはホントに優れモノなのか?




テフロンのフライパンがすぐにダメになる。。。
ずっと使えるフライパンを探していたら、turk社のクラシックフライパンが気になったんだけど良いの?
見た目はカッコいいんだけど機能はどんな感じ?
どういう料理を作るのに向いているの?
Amazonのレビューでは良い評判だけど、値段が高いから買う勇気がない。。

こういった疑問に答えていきます。

ちなみに私は10年ほどturk社のクラシックフライパンを使用しています。

結論的には間違いなく”買い”です!

ただ、デメリットを挙げるとすれば、用途が少し限られているところかなぁと感じています。
テフロンのフライパンと比較してturkクラシックフライパンのメリット、デメリットを挙げていきます。

どういった方が買って後悔しないのか詳しく説明します。




1.turkクラシックフライパンのメリット【実は安い?!】

turkクラシックフライパンは値段が高いと思われています。

しかしホントに高い買い物なのか?
むしろ安くないか?
という点も考えてみたいと思います。

ほかにも、turkクラシックフライパンならではのメリットも紹介していきます。

考え方によっては安い
【一生で掛かるお金】
turkクラシックフライパンが、1万円から2万円。
一生使えて買い替えの必要がないためそれ以上お金が掛かりません。
仮にテフロンのフライパンが2千円。毎年買い替えて5年で1万円、10年で2万円。その後もダメになれば次々と買い替え。。。
生涯でいくらお金が掛かるか分かりません。
時間の節約になる
turkクラシックフライパンは買い替えの必要がありません。
そのため”捨てる”、
”買い替える”
という必要がなくなります。

テフロンのコーティングが剥げてきたな。。

フライパンってどうやって捨てるんだっけ?

次はどんなフライパンを買おうかな?

こいった悩みから解放されます。

turk(ターク)は一時的には高い出費かもしれません。
しかし、長い目でみれば金銭的にはもちろん、時間節約という点を考えても安い買い物です。
見た目はこんな感じです

見た目がカッコいい
見た目が圧倒的にカッコいいです。
最も特徴的なのは継ぎ目のないデザインです。
鉄の塊を引き延ばしてフライパンを製造しています。
まったく無駄がなく見ていて惚れ惚れします。
持ち手のカーブも美しいです。引っかける場所があればどこでもぶら下げることができるため機能的です。
調理して盛り付けをせずに、フライパンのままテーブルに並べても絵になります。
鉄が肉厚で全体の雰囲気は重厚。存在感はしっかりとあるけどミニマムという素晴らしいデザインです。
扱いが楽
これは鉄のフライパンすべてに言えることですが、扱いに慣れてしまえば調理中や使用後のメンテナンスがとても楽です。
むしろテフロンのフライパンは”するべからず”が多すぎて個人的には扱いが大変だと感じます。

「鋭利なもので擦るの厳禁」「強火禁止」「スポンジで優しく洗いなさい」

turkクラシックフライパンはこれらすべて守らなくて大丈夫です。

とても頑丈なのでフライパンを適当に扱いたいズボラな人ほど向いています。

美味しく調理できる
turkクラシックフライパンは鉄が肉厚で、思い切り高温にして調理することができます。
ステーキやハンバーグ、餃子などを高温のフライパンでしっかり焼いて調理すると抜群に美味しくできます。
ほかにも、揚げ物や煮物、カレーなど幅広く活用できます。
しっかり炒める、そのまま煮るという調理が簡単にできます。
食材の美味しさを一切逃がすことがありません。
ただの目玉焼きもワンランク美味しく調理できます。

2.turkクラシックフライパンのデメリット【用途が限られる?】

turkクラシックフライパンはとても素晴らしい商品ですが、次の3点においては少々難があります。

デメリット
  • 重い・・・かなり肉厚な造りなので重量があります。鍋を振って調理するという選択肢はなくしたほうがいいと思います。
  • 長い・・・持ち手が長いです。キッチンの収納スペースが狭い場合、置き場に困る可能性があります。
  • 浅い・・・深さがないため、野菜炒めやチャーハンなどを調理すると食材がこぼれます。
長年、turkクラシックフライパンを使用していますが、上記の3点はデメリットだと思います。

しかし、

『重い』から美味しく調理できますし、

『長い』デザインはカッコいいです。

『浅い』から揚げ物の調理をしやすい。

むしろメリットだとも言えます。

3.turkクラシックフライパンのまとめ

今回は、turkクラシックフライパンのメリットとデメリットをまとめてみました。

正直、鍋を振ってチャーハンや野菜炒めを作りたい!という方には向いていないフライパンだと思います。
しかし、それ以外の調理に関しては万能に対応できますので自信を持ってオススメします!

良いモノを使うと気分が高まります。また、永く大切に使うことで愛着も湧きます。
一度手に入れてしまえば一生使うことができ、金銭的にもどんどんお得感が出てきます。

turkクラシックフライパンをガンガン使い倒して生涯の相棒にしてみてはいかがでしょうか?

以上、『【口コミ・評判】turk社の鉄フライパンはホントに優れモノなのか?』でした。

4 Comments

嶋田信人

初めまして、turkを検索してこちらにたどり着きました。
僕も購入を検討しているのですが、不安な点があります。

現在我が家では日本製の鉄のフライパンを使っていますが、熱源がIHなので底面が変形してしまっています。

なので底面全体がIHの面に当たらない感じなんです。

turkを使用していて、底面の変形などはありますでしょうか?

返信する
ペンギン ペンギン

ブログ読んで下さってありがとうございます!
非常に肉厚なので、変形することはまずないかと思います。
10年近く愛用していますが、底面の変形はありません。
買ったときのまま、平らな状態です。
ちなみに使用環境はガスで、思い切り強火で使っています。
参考になれば嬉しいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です